戦略コンサルティングファーム 総合コンサルティングファーム 業界・企業研究

【2018年版】コンサルティングファームランキング総合TOP10【Valut社調査】

更新日:

今回のコラムでは、アメリカの調査会社である「Valut」社が毎年公開を行っている、コンサルティングファームのランキングです。

 

Valut社の調査はアメリカにておいて、最も名門の(Prestigeous)コンサルティングファームをリストアップした調査になっています。

 

「2018 Most Prestigious Consulting Firms」

http://www.vault.com/company-rankings/consulting/best-consulting-firms-prestige/?pg=1

 

コンサルティングファームランキングTOP10

 

1.マッキンゼー(McK):スコア8.954/10

 

マッキンゼーが2年連続でランキング1位となりました。

2位のボストン・コンサルティング・グループ、3位のベイン・アンド・カンパニーとは大きく差をつけています。

 

マッキンゼーの従業員数は2017年現在、2.3万人にまで増加しています。

 

下記が、マッキンゼーを評価した従業員・元従業員からのコメントです。

 

"Truly global staffing model and opportunities."
"Impact and professional development."
"Mentorship, responsibility, fast advancement."
"Unparalleled development and business training."

 

2. ボストン・コンサルティング・グループ(BCG):スコア8.623/10

ボストン・コンサルティング・グループがマッキンゼーに次ぐ2位となっています。

ベイン・アンド・カンパニーとは肉薄する点数となっております。

 

2017年度の従業員数は14,000人です。

 

下記が、ボストン・コンサルティング・グループを評価した従業員・元従業員からのコメントです。

 

"Amazing people, ability to solve big problems, great benefits."
"Flexibility and amazing client work."
"Professional development."
"Firm truly pushes to make job sustainable so it can keep top employees."

 

3. ベイン・アンド・カンパニー(Bain):スコア8.528/10

ベイン・アンド・カンパニーが3位につけており、MBB(エムビービー)が1位〜3位までを独占しています。

 

ベイン・アンド・カンパニーはマッキンゼー、BCGと比べて少数精鋭となっており、2017年の社員数は7,000名となっています。

 

ベイン・アンド・カンパニーの評価は以下の通りです。

"Being surrounded by the best business talent."
"The experience of a lifetime."
"Great company culture, highly motivated people—fun while you work."

 

4. デロイトコンサルティング(Delloit):スコア6.855/10

デロイトトウシュトーマツが4位にランクインしています。

日本のデロイトトーマツコンサルティングは日本独自の資本のため、社名が異なっているのが特徴です(トーマツ=等松という会計士の先生のお名前です)。

 

デロイトトーマツコンサルティングを中心とする会計系のファームは大規模なのが特徴であり、2017年の従業員数は40,513名となっています。

 

デロイトコンサルティングの評価は下記の通りです。

"Career development and team collaboration."
"Flexibility, prestige, culture."
"The dollars spent on developing the people at Deloitte."
"The work is interesting and impactful."

 

5. プライスウォーターハウスクーパース(PwC):6.486/10

プライスウォーターハウスクーパースが、会計系ではデロイトコンサルティングに次いで、5位となっています。

従業員数は46,000名となっており、会計系では最大規模となっています。

PwCは積極的にM&Aも行っており、今後も注目企業となると考えられます。

 

従業員からのコメントは以下の通りです。

"Feeling valued by the clients, exciting projects, flexibility, travel perks."
"I'm proud of the important problems our people are helping solve every day."
"The best industry exposure possible."

 

6. ブーズ・アレン・ハミルトン(Booz):スコア6.445/10

日本のブーズ・アレン・ハミルトンはStratedy&グループになっていますが、アメリカではブーズ・アレン・ハミルトン自体が上場しています。

 

従業員数は23,300人と規模も大きく、政府・公共機関部門にも強みを持っています。

 

ブーズ・アレン・ハミルトンの良い評価は下記のような内容となっています。

 

"Staff aug -- not what they were."
"One of the big guys."
"Prestigious, direct."
"Unrewarding government contracting."

 

7. アーンスト・アンド・ヤング(EY):スコア6.301/10

7位はアーンスト・アンド・ヤング(EY)です。

EYのコンサルティングチームは日本法人ではまだスタートアップ段階ですが、アメリカでは西海岸、特にグーグルやHPなどIT企業に非常に大きな力を持っています。

 

グローバルの従業員数は、40,000人となっています。

 

"All employees I know say good things about this firm."
"Big 4 reputation, slow to respond."

 

8. アクセンチュア(Acc):スコア6.242

日本でも戦略コンサルティングおよびITコンサルティングで知名度の高いアクセンチュアがアメリカでも8位にランクインしました。

 

アクセンチュアはIT部門が非常に大規模なため、グローバルでの従業員数も411,000名まで拡大しています。

 

日本の戦略コンサルティンググループも中途採用・新卒採用を実施し、規模を拡大しています。

 

"Best people. Always willing to work their best no matter what the circumstances."
"Great leadership, name and good benefits."
"The ability to create your own opportunities and leaders that support you."
"They make work fun and interesting every day. "

 

9. KPMG:スコア5.969

総合・会計ファームのKPMGが9位にランクインし、BIG4のすべての企業が10位以内にランクインしています。

KPMGの日本の戦略コンサルティング部門は比較的小規模ですが、積極的な採用を行っており、今後成長が期待されています。

 

KPMGのコンサルティングの従業員は40,000人となっています。

 

"Control over your own career development."
"Early experience that I otherwise would not have received at other firms."
"Looks good on a resume."
"Structured mentoring."

 

10. ATカーニー(ATK):スコア5.806

TOP10最後にATカーニーがランクインしました。

 

日本では製造業のコストカットコンサルティングやクールジャパンで強い知名度を誇るATカーニー。

 

もともとはマッキンゼーとATカーニーは同じ会社であり、そこから分離独立してATカーニーができたという経緯があります。

 

比較的小規模精鋭で、採用も大規模には行っていないため、グローバルの従業員数は3,600人となっています。

TOP10の中では最小規模のコンサルティングファームです。

 

"Generous and smart colleagues."
"Fantastic culture and very talented people."
"Opportunities for growth that competitors aren't experiencing"

 

 

このようにランキングを見ていくと、MBBの評価が非常に高く、特にマッキンゼーが高いこと。次いでBIG4が強いというランキングとなりました。これは受験者の皆さんのイメージとも合っていたと思います。

 

1位のマッキンゼーから10位のATカーニーまで2ポイント以上離れているところが非常に印象的です。

 

10位以下のランキングにおいては、ガートナーやIBMなどIT系のコンサルティングファームが多くランキングしています。日本にまだ未進出のコンサルティングファームもありますので、こちらは随時ニュースとしてご紹介していきます。

 

このランキング他に、Valut社では、働きがいに関するコンサルティングファームのランキングも提供しています。

 

こちらのランキングについては、別の記事でお届けをしたいと思います。

 

Open modal

-戦略コンサルティングファーム, 総合コンサルティングファーム, 業界・企業研究

Copyright© Advantage Career , 2019 All Rights Reserved.